Thinging Time ~さあ、脳内をさらけ出そう~

私ってなに考えてるの?(笑)

くせ毛の憂鬱。私は、うねうねパサパサごわごわタイプです。

 

うねうね。パサパサ。ごわごわ。

この擬音、大っ嫌いです。(笑)

これらの擬音に、気分が沈んだりor嫌気がさすあなたは...紛れもなく私の仲間ですね?”やっかいくせ毛”の持ち主ですね?(笑)

 

思い返すこと約15年前...私の髪の毛はサッラサラでした。ヘアピンがスルっと落ちて止まらないくらいに。その上、髪の毛の色素が薄かったので、焦げ茶色でした。

近所のおばちゃんや小学校の先生から「お人形さんみたいやねぇ」って言ってもらったことあるし、小学校3年生のときには、高学年のイケイケ系の人らに「髪の毛染めてんの?(ギロリ)」って絡まれたこともあります。(笑)

 

小学校のころは、まだそんなにオシャレにも目覚めてなかったし、そのサラサラヘアーのありがたみにも気付いてませんでした...(泣)もっと自分のサラサラヘアーを愛でるべきだったのでしょうか...(笑)

 

中学生になって吹奏楽部に入り、めっちゃスパルタの塾に入り(個人経営の塾)、小学校からやってた習い事2つ(ピアノとそろばん)も続けてました。超絶忙しい日々でした。中学生にして、今のところ、人生で一番余裕がない日々を過ごしてました。

なんと言っても、このスパルタ塾が本間にスパルタで。(笑)

 

週3、1回3時間、1学年10人程の定員。宿題大量。”教えてもらう”じゃなく、”自分で考える”方針。宿題をもとに授業が始まるので、宿題をちゃんとやってないと「何しに来たの?帰ってやったら?」と冷たく見放される。(まぁそりゃそうや。笑)

英語,社会など暗記教科は、”まずは教科書まるまる覚えましょう”っていう方針で、毎回、他の生徒に聞かれながら、先生に自分が暗記してきたのを発表?する。

 

まぁでも、進学校の人からすれば、普通のことかもしれないですね。このスパルタ塾、そしてこのスパルタ先生のことを「本間にスパルタやったなー」って思う点はまだあります。生徒に媚びず、中学生相手にかなり毒舌でした。

(厳しくして辞められたら困るから、生徒をちやほやする塾もあるようです)

 

「勉強せずにチャラチャラして何がカッコいいの」

(サッカー部の人らに対して)部活ばっかしてたら筋肉バカになるよ」

「部活ばっかやらせる先生だって、どうせ脳みそ空っぽでしょ」

「旦那に媚び売って生きてるような、そこらへんのおばちゃんみたいになりたい?」

「勉強して自立しないと!」

 

かなり刺激的じゃないですか?(笑)しかも、ついこの間まで小学校で、何にも考えずに走り回ってたような自分たちに向かって、この言葉たちが飛んで来るのです。(笑)

 

今だから、「大事なこと学ばしてもらったなぁ」「貴重な先生や」「60歳超えてもバリバリ頑張ってる先生カッコいい。」「胸はって先生に会うことが目標の1つ!」っていう風に思えますが、当時は、塾を中心に自分の生活が回っていて、常に緊張してたし、時間がないって焦って、いつもピリピリしてました。

 

そのころの自分のモットーは今でも良く覚えています。

「いかに宿題に時間が裂けるか」「今これをやるべきか。時間無駄じゃないか」

なので、塾がある日の学校の帰り道は、「いま10分走ったら、10分多く社会の暗記に時間あてられるな。よし、ダッシュ!」とか「よし、信号引っかからんかった!いつもより1問多く解けるかな」とか考えて帰ってました。(笑)

 

今思うと、かなりストレス抱えてました。そして、心荒んでたなーって思います。

家族と、連絡事項以外で話すことも”無駄な時間”って思っていて、「うん。それが何?その会話意味あるの?」って態度でした。この感情を思い出すと何とも言えない寂しい

気分になります....結構な苦しい思い出ですが、"この経験がなかったらもしかすると、もっとチャラチャラ適当に生きてしまってたかも....”とも思うし、何かあった時、”あれだけ必死に頑張ってた自分"から自信をもらうことも出来てます。得たことも多いので結果オーライですね!(笑)

 

だいぶスパルタ話が長くなってしまいましたが...

そうした超絶忙しい日々を過ごしていて、気付けば、前髪の端っこがピョンっとなってました。髪の毛の手触りも、サラサラとは真逆になっていました。私の”くせ毛人生”がスタートしました。(笑)成長期に、ホルモンの変化で髪質も変わることがあるみたいなので、自然の成り行きでなったのか?それとも、ストレスなのか?

分かりません。

ただこの頃、便秘↔下痢を繰り返して、ホントに毎日のように学校でお腹が猛烈に痛くなって、何か生まれるんちゃうか?って思いながらトイレによくこもってました。汚くてすみません。(笑)これはストレスのせいだったのか?だとしたら、くせ毛になったのもこの時期なので...

ストレスが原因かも。

でも、もう1つ可能性が。遺伝が原因かも。

そこで、両親の髪の毛を思い出してみると...父の髪質は、太めで直毛。母の髪質は、極細でめっちゃ柔らかくてくせ毛。私の髪質は、太めで硬くてくせ毛。2人とも私の髪質と違う。ちなみに弟の髪質は、まさに母と同じ

あれ、私だけ....。まさか私は....。そう言えば、思春期終わったのに父のにおい好きって思ったこと無いな....(思春期超えると好きになるらしい) 一体 私は誰の子....(笑)

 

でも!安心して下さい。顔と、胴体:足の比率、似てます。(笑)

ということは、両親のあんまり嬉しくない髪質を受け継いだのかもね...

 

理由は定かじゃないですが、とりあえず”やっかいくせ毛”になりました。

15年後、自分の髪の毛にこんな苦労するとは思ってもみませんでした。

美容室でもいつも言われます。「くせスゴイね!大変でしょ?」はい。その通りです。

素敵な美容師さんには出会ってきましたが、私の1番の味方は、縮毛矯正です。(笑)

残念ながら、私の髪を、カットだけで思い通りの髪型にするのは難しいようです。

 

日本では、かれこれ5年ほど通っている行きつけの美容室があり、くせの特徴とかも把握してもらっているので「いつものように~」って感じでやってもらっています。

でも、今は留学中です。ドイツの美容室は、結構適当らしいので(もしくは日本の美容室が素晴らしすぎるか)、”やっかいくせ毛”の私は怖くて行けません。(笑)

なので、バスで2時間かかる、日本人が経営している美容室に行っています。今までに2回お世話になりました。でもカラーとカットだけで、まだ縮毛矯正はしてません。

最後に縮毛矯正をしたのは、半年ほど前(日本にいる時)なので、もう取れてます。うねうねです。(笑)

そろそろ縮毛矯正してもらおうか、どうしようか。めっちゃ迷うー。

なんで即決しないかと言うと...値段が高いのと、それに、アイロンでセットすればまあまあいい感じになるからです。(笑)

それなら「じゃあアイロンで頑張れば良いやん!」って思いますよね。

だがしかし!ドイツは降水確率が高いのです(泣)せっかくアイロンで朝頑張ったのに、急な雨で一瞬で、うねうね~ってことがしょっちゅうです。(泣)このシチュエーションに出くわすと、私は気分がガクーンと下がります。

 

今まで、同やっかいくせ毛”の人に出会ったことがないので、この憂鬱が分かる方は、ぜひ一緒にウジウジ不満を言い合いましょう!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

自分の趣味ってなんやっけ?

 

ドイツに留学きて、自分の時間がめっちゃ増えて、

「自分の時間ある時、私って日本で何してたっけ?あれ?趣味何やっけ?」って、ふと考えました。

 

ギター、ピアノ、読書、カラオケ、1人ファッションショー、買い物、部屋の模様替え、、、

...思いつくのはこれくらい。

自分の空いた時間を、自分の意思で(自分のバイト代で)好きなように使えるようになって約3年が経つ。

 

やのに、自分ってこんなもんしか趣味なかったんや!?ってビックリ。

 

お金と帰国時の荷物量を考えると、

服はそんな買えない。=ファッションショーできない。( 笑 )

部屋の模様替えをするほどインテリアとか小物もない。

楽器は当然持って来れなかった。

カラオケという娯楽はドイツにほぼ無い。

読書は1冊だけ持ってきたけどすぐ読み終えた。国際郵送してもらいたいけど郵送費高すぎやしもったいない。

 

...さぁ以前やってた趣味が全滅しました。(笑)色んな種類の”ない”のオンパレードです。(笑)....さぁどうする?(笑)

 

考えました。”趣味”って本来、自然と出てくるものやのに、結構考えました。(笑)

そしてこう思いました。「この趣味って本間に好きなんかな?目の前に存在してたからやってただけかな?他に実はやりたいことあるかも?」

 

そこで、今の環境でやってみたいことを考えてみました。「ん~まず他にどんな趣味あるっけ? ( ググってみる )

....楽器(出た。)ショッピング(はい。)コレクション(はいはい。)サイクリング(....いい!日本でもずっと憧れてたやつ!)ブログ(ほぉ。全く頭になかった。でも今だから感じることたくさんあるし、何か書きたい!)

 

ということで、サイクリングブログをドイツで始めました。

 

結果、めっちゃ良い趣味になった!!

サイクリングは、ドイツの景色や空気や自然を体感しながら走れるし、それに良い運動にもなる!”自転車大国” 世界第2位のドイツで、私も美しいヒップを手に入れたいと思います。(笑)ちなみに...今までお尻はただの”体の一部”としか思ってなかったですが、男性が”お尻”も重要視する気持ちが分かってきました。(笑)日本人のお尻は筋肉が足りないですね。キュッとなりたいものです。(笑)

ブログは、文字に起こそうとすることで自分の頭の中を整理できるし、あとは、「この熟語あってるかな?調べよ!」って感じで、日本語の復習にもなります。(笑)

 

マンネリ化したことから一歩離れてみるって大事!って分かりました。

 

でも!楽器カラオケファッション読書も、私の気分を上げてくれるものやなって気付きました。たまにこの4つを「思いっきり堪能したい!」ってうずうずします。(笑)

”目の前にあるから”じゃなくて、ちゃんと”好き”でやってたって気付けて良かったです。

 

P.S.

最近Kindle版の電子書籍を買い始め、念願の読書、出来てます!本間は紙媒体で読みたいけど、「どうしても読みたい!海外でも読めるってスゴイ!」って気持ちに変わりました。あと、買いすぎには注意して、留学中もファッションも楽しむことにしました('v')そしてさらになんと、ギターも貸してもらえました!('v')めっちゃ嬉しいです。シェアハウスなんで、思いっきり歌えないのだけが残念ですが...どこか良い場所見つけて、近々思いっきり歌うぞ!(笑)

外国人彼氏のあれこれ(´-`)

 

外国人のBoyfriendができて1番感じること。私はプリンセスですか?( 笑 )

日本でそんなこと1mmも思ったことないです。むしろ、”恋人に守ってもらう”っていう女子っぽい考えは無くすようにしてました。

でも、そんな私でも、危うくプリンセス気分になりそうになります...( 笑 )

 

それと同時に、「血繋がってへん他人やのに、こんな愛してもらえるんや〜!」ってめっちゃ驚いてます。(°_° )<..Really?

 

つい2,3ヶ月か前まで友達と、「やっぱ日本人男性がいいよな〜」って喋ってました。とりあえずその友達には謝って訂正したいです。ごめんなさい。あの言葉は丸々撤回します。。(笑)

 

そして、私が人生でこんなにも愛してもらえるとは想像もしてなくて、嬉しさを何処かにぶつけたいので、とりあえずココに書きたいと思います。

 

*注意

".めまい" や "胸やけ" がしたら、すぐにホームボタンを押して、他のページに逃げて下さい。( 笑 )

 

10分に1回くらいのペースで言ってくれるセリフ(ほぼ口ぐせ化してる)

 

meine Süßigkeit:) 」(≒ my Sweet )

 

....甘い。色んな意味で甘い。

 

手料理作って「味どう?」って聞いたら毎回返ってくるセリフ

 

「美味しい!でも、君とならいつでも何でも美味しいよ。」

 

...これは映画の世界ですか。

 

「賢いね。何でも出来るんだね!」って私が言ったときのセリフ

 

「君が僕のこと賢くしてくれるんだよ。」

 

...まじか。自分の努力さえも褒め言葉に変えるんか。

 

「あ~あ!私の生命線ここまでしか無いね。」って話をしてたときのセリフ

 

 「大丈夫!ほら、こうやれば良いんだ!」と言って、自分の手相と私のを重ねる

 

...唖然。ロマンチックすぎて。その返しは1mmも想像して無かったわ。

 

深夜に「お腹痛いからもう寝るね。」ってLINEを送ったときのセリフ

 

「今から行く!大丈夫か確かめる!」といって夜中に自転車飛ばして来てくれる

 

...”どうしたの。大丈夫?”だけじゃないんや。優しすぎやろ。

 

その次の日「昨日はありがとう。おかげで良く眠れたよ。」ってLINEを送ったときのセリフ

 

「それは良かった。思いがけない時に会えて、僕にとっては喜びだったよ。」

 

...すごい。” わざわざ行ってあげた感 ”を全く感じひん。惚れるわ。

 

 

一体、どこでこんな素敵なセリフ、行動を習ったのでしょう。私より2歳年上なだけなのに、こんな素敵な振る舞いが出来るんですか...海外には”ロマンチック講座”でもあるんでしょうか。(笑)

 

探求心があって、物知りで、外国語ができて、スポーツができて、楽器ができて、温和で、愉快で、ロマンチックな部分もあって、細マッチョで、(not ゴリマッチョがタイプです。笑)

と、まさに”非の打ちどころが無い”って言葉がピッタリな外国人に、好きになってもらえました。めっちゃ恐縮です。正直、最初は詐欺かなーってかなり疑ってました。(笑)

 

人生、予想も出来ひんことが起こるもんやなーって感じです。自分の人生なんで、もちろん自分なりに考えたり悩むことは多いですが、「へぇー!どうなるの!続き気になる!」って、客観視して眺めている自分もどこかにいます。(笑)

 

自分自身に対してもこの言葉を...。「 乞うご期待! 」(笑)

 

P.S.

こんな愛してもらえる人生を味わえるとは想像もしてなかった...今まで色々真面目にやってきて良かった...神様ありがとう...これからも真面目に生きるね...これからも神様よろしくね...