わたしの日々

in ドイツ

わたしの特別な夏休み終了~。

こんにちは。
やっと落ち着いたので、今日からブログ更新再開します( 'v')
旅行しまくった忙しい、楽しい、私の夏休みが一旦終わっちゃいました。。
今年の夏休みは、人生で初めてこんなに旅行しました。

1ヶ月の休みで、フツーに何ヶ国も国をまたぐなんて...1,2年前までは日本から出たことすらなかったのに...!過去の私が知ったらビックリです。

 

f:id:aya11haribo18:20181020010659j:plain


ドイツ国内では、
フランクフルト,ニュルンベルク,ハンブルク
ドイツ国外では、
ベルギー,イタリア,イギリス

に行って来ました。全ての旅行に色んな物語があるので、聞いてほしいです。(笑)



フランクフルト
予想外のモテ期!?到来

しかもナンパとかじゃなくて真剣なやつ。
パーフェクトで王子様みたいな外国人彼氏 VS 外見も性格もドタイプで趣味も合う日本人

....これは現実なのか...!?ドイツに上陸したつもりが、実は映画の世界にでも潜り込んでるんか...!?疑いたくもなります。ビックリです。

そんな魅力的すぎる2人に、ほぼ同時期にアプローチされるなんて...嬉しいけど胸が痛い...”一妻多夫制”があったらなぁ~なんてね...(笑)

ニュルンベルク
英語は大事だよ

Couch Surfing (カウチサーフィン)”の集まりに参加させてもらって、ダメージ95%受けた。やっぱりこういう多国籍が集まる場では”英語必須”になりますね...

すんなりと話せなくて会話のキャッチボールできない自分が情けないー( •̅_•̅ )

あとの5%は、ドイツ語話せる人がちょっと居て、その人たちとは会話できたから。

Couch Surfingは多国籍、多文化の場やから、英語で話せたらより、発見とかあるんやろなぁってもどかしい( •̅_•̅ )まぁでもそんな事に気付けたから、良い体験やった!うん!

(母国語じゃないのに)英語をペラペラ巧妙に操り、さらに、結構年上のアメリカ人と、経済的な話を難なくしてる彼を目の当たりにして、私の目はキラキラと輝きました。何てカッコいいんや...いや、”カッコいい”という5文字で表すのは安易すぎる...。

横にいる私は何か、恥ずかしく&不安になりました。蜜の少ない小さい花と、そこに止まってる煌びやかな蝶々のイメージ。「もっと蜜がいっぱいの花に移動しなくて良いの?羽ばたかなくていいの?物足りるの?」って.........

(ちなみに、自分の名前に"花言葉"が入ってるので花にはならせて下さい。笑)

でもそんなことを考えてたら、「meine Süßigkeit~?」って話しかけてきました。あぁ甘い。(参照

aya11haribo18.hatenablog.com

 


ハンブルク
うっとり...の連続

この旅行は順調やった。ハンブルクは、横浜のヨーロッパ版って第一印象!もっと規模は大きいけど。デート向きなオシャレな雰囲気でうっとりした。約半年ぶりに食べた新鮮な魚介類にも美味しすぎてうっとりした...

あ、あと、旅行の前に、彼の優しさにただただ感動した。
行きの夜行バスに乗るのが2:00で、夜中やから40分くらいかけて歩いて行くしかなく。しかも運悪くどしゃ降りの雨。それにも関わらず「危ないから1人で夜道歩かせたくない」って、一緒に着いて来てくれて。しかも、傘が1つしか無いから、私が「帰り道使って!私は今からバス乗れるし、それに明日は晴れると思うから!」って渡そうとすると....「僕は傘いいよ!家に帰るだけだし!^ ^ 旅行楽しんでね!^ ^」って笑顔で言ってくれて、傘無しで”どしゃ降りの中”、また40分かけて帰って行きました。

本間の王子様か....

ベルギー

巧妙なチカンに出くわす

自称 ”歩く地球の歩き方 の友達が居たから、すごい完璧なプランで何事も起こらへんやろな...と思いきや、まさかのチカンに合った。アラブ系のオッサンやった。もちろん気持ち悪いし寒気したけど...ちょっと感心してしまった。めっちゃ巧妙な技術持っておられるんやもん...(笑) そのオッサン前に居たのに、手首を駆使して後ろにいる私の太もも触ってきた。手首柔らか!前から来るとは想像もしてなかったから、最初虫かと思った....(笑) 人混みは気を付けましょう。私は長ズボン履いてたから、別に何ともなかったけど、短パンorミニスカートは控えたほうが良いね。特に女子旅では!

イタリア

人生初、空港で野宿。そして人生初、飛行機を逃す
6:00の飛行機に乗るために、前日の夜から野宿して、万全の体制で臨みました。そして朝ごはんもちゃんと食べて、コーヒー飲んでリラックスして。荷物検査でちょっと時間かかりましたが、無事済ませ。彼が「ちょっと行ってくるね!すぐ戻ってくる!」っと言って多分トイレに行きました。そして間も無く.....「あなたベネチア行き?もう閉めますよ!早く乗って!早く!」と、スタッフが焦りぎみで言ってきました。なので「もう1人居るんです!すぐ戻ってくるはずなんですが...」と話しました。が、

「まだ!?もう間に合わないよ、遅い。閉めますね。ガッチャン。」

という状況になりました。


しばらくして、彼がやっと向こうからやってきて(実際3分くらいしか経ってなかった)私の様子がおかしいことに気づき、

彼「どうしたの?」

私「遅いって言われた。もう飛行機行っちゃったよ...」

と告げると、ア然としてました。ただ、こんな時でも咄嗟の対応が、さすがスマートで「次の飛行機どこで買えますか?」ってスタッフにすぐ聞いてました。私ならアタフタするわ。(笑)


少し落ち着いてから「信じられない...予定外すぎる...本当にごめんなさい。怒らないの...?」って聞いてきたけど、明確な搭乗時間や、彼がどこに行くのかを確認してなかった私にも責任あるし。そして何より、不思議と「落ち込まないで~」って気持ちが強くて、

「大丈夫!のちのち笑い話になるから!」という言葉が咄嗟に出てきました。

 

多分、いつも溢れるほどの愛情もらってるし、私の失敗についてガミガミ言われたこともないから、私も”怒り”っていう感情は湧いて来なかったのかなぁと思います。

なので、ぜひ、普段から彼女には愛情を注いで、たっぷり表現してください~


まぁそれにしてもビックリした!本間に目の前で逃した!滅多に出来ひん体験や。

そして、格安飛行機は要注意ってことを学べた。

ちなみにこの時に利用したのはRyanairです。格安な代わりに、色んなことが、一般的な航空会社よりも”自己責任”とされる印象です。また、Ryanairは度々、搭乗時間の少し前に「今回の便はキャンセルとなりました。」という、理由不明のキャンセルをされるので注意です。ちなみにその際は、ホテルが用意されます。

今回のミスは、私たちがキッチリ時間通りに行動していれば防げていたものです。


こんなハプニングも含めて、ヴェネチア旅行めっちゃ良い思い出になりました。
今回はcouch surfing を利用して、一般家庭に泊めていただきました。すごいステキな街で、満喫しました。ただ、ヴェネチアの家には暑いのにクーラーはないので、窓開けて寝るしかなく、それで蚊に刺されまくって痒すぎて寝れなかったのはちょっと辛かったです。海外では、蚊よけのグッズが必須だとつくづく思います!

イギリス
念願のフェス!

Reading Festivalが初フェスという贅沢さ!
この旅は、ドイツで仲良くなった友達とです。「その2人やし何か起こるやろな、期待してる。笑」って行く前から友達に言われるコンビです。心配(?)されてました。笑

でも残念ながら、特にやらかしてません。セ〜フ!って思うことは多かったけど。笑

 

3日間テント泊なので大量の荷物で、結構な重さでした。事前にパッキングを完璧に終えていたのに、家を出る直前になって「何とか荷物減らせないかと思い始めて、詰めた荷物を出してしまい....家を出る時間が結構遅れてしまいました。

そして、またまた夜行バスなので、駅まで40分くらい徒歩です。夜行バスに乗り遅れたら大変な事になるし、約8kgの荷物を抱えて必死にダッシュ

途中でタクシー呼ぼうと試みるも、時間外で繋がらず...。こうなったらヒッチハイクしようか!と思うも、車が全然通らず...。とにかく必死に汗だくになりながら走りました。

しかし、残念ながら5分遅れて着きました。「電車で始発で行くか...」と、友達への申し訳なさと自分のバカさに泣きそうになってると....

あれ、友達が遠くの方に見えた!その隣にはバスが!
なんと、友達がバスの運転手さんに交渉してくれて、「3分だけ待ってあげる」と言って貰えたそうです。あとの2分は、とりあえず質問しまくって、何とか時間稼ぎしてくれてたらしいです...泣


感謝してもしきれんそしてナイスプレイすぎる。

「この荷物どこ入れたら良いですか?」とか、分かりきってる様な質問しまくってたらしい。(笑) ありがとう、友よ...。

 

 

そんなこんなで、海外での初の夏休みを思い出たっぷりに過ごせました!

でも今月から今月の中旬までまた休みなので、もう少し、夏休み?秋休み?楽しみます('v' )( 'v')