読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thinging Time ~さあ、脳内をさらけ出そう~

私ってなに考えてるの?(笑)

サミシマス&サミシニューイヤー!

 

寂しさ増す、サミシマス。シーン。。

幸せなことに、寂しいクリスマスを過ごしたことは今までの人生で無くて、小さい頃から12月をワクワクドキドキ待ちわびてる、クリスマス大好き芸人。(じゃなくて一般人です。)

クリスマスがあるから冬が一番好き!しかも、その大好きなシーズンにあるイベント、クリスマスマーケットに興味持ったのが、ドイツ語に興味を持ち出したキッカケの一つでもある。ちなみに中学1年生までサンタさん信じてたし、真実を知ってしまった今でも、あの何とも言えないキラキラした気持ちは毎年思い出す。あと、おばあちゃんの美味しい料理と家族団らんの風景を思い出す。本間にクリスマス大好き。

 

でも、今年のクリスマスは初めてワクワクドキドキしなかった。泣

(※ちなみにこっちに彼氏いる)

 

そう、私が今いるここはヨーロッパ、クリスマスの本場本物のクリスマス!クリスマス≒お正月の過ごし方だった・・・。

 

家族とは過ごせないけど、「大好きな彼氏と過ごせるな~」とか思ってた。泣

クリスマスに夜景見に行ったり高級レストランで食事したりディズニーランド行ったり...をカップルでキャッキャッやるクリスマスはヨーロッパには存在しなかった。日本のお正月みたいに、家族でor親友も交えてしんみりと過ごすそう。その代り、新年を迎えるときは、家族とじゃなく、友達と一緒にワイワイ花火を打ったりしてだいぶ激しく過ごす模様。発射花火を上じゃなくて横に打ち上げるみたい。おしとやかな日本人が無傷で生き残れるか心配や....(笑)

 

というわけで、私の彼氏もドイツから去って、いま違う国にしばらくいる。母国ではないけど、兄弟がいる国だそう。

だいぶ虚しかった(笑)私のことめっちゃ大事に思ってくれてるのは凄い分かってるけど、なんか「あ、置いて行かれた」って感じてしまってホームシックになった。しかも少し前に「君は僕の心臓だよ」という何とも素敵な、少女漫画のセリフのような言葉を言ってもらったから余計に「え、心臓置いていくの!?」って気持ちになった(笑)

 

でも「文化の違いぶんかのちがいブンカノチガイ」という呪文を唱えて、自分に言い聞かせて、「しょうがない!」と気を取り直した。

 

結局、クリスマス当日は、母国に帰れない組の友達たちとクリスマスパーティーしたから、気は紛れた。良かった~初めて家族or恋人以外と過ごしたクリスマス。一緒に過ごしてくれた友達たちに感謝。友よ、ありがとう。

でも、いつもと全然違うクリスマスやったから、年末感がいま全くない。(笑)

 

P.S.

彼が出発する前日に、クリスマスプレゼントとメッセージカードをあげたら、想像してた100倍喜んでくれて、特にメッセージカードを読んで「こんな素敵なの人生でもらったことないよ...」って、ため息交じりで喜こんでくれたので、なんやかんや、私は幸福感に満ちています。(笑)年明けまで会えないけど、遠距離の練習のいい機会!