わたしの日々

in ドイツ

”逃げ恥” をみて、ふと思った

 

 私は根っこが真面目やなぁと思う。ただの変人かなぁとも思う。でも抜けてるなぁとも思う。

 どれが本当の自分なのか。どれも自分。

 「もしかして、多重人格なんじゃないか!?」って思ったりもしたけど、全部記憶はあるからこういう性格なんやろう。でもみんなもそうなんかな。他人のすべてを知らんだけで、もしくはみんな自然と、”気に入らない自分”隠したり、出ないようにしてるだけなんかな。

 

f:id:aya11haribo18:20180405232804j:plain

 

 私の第一印象は、いつも「何にも考えてなさそう~」って言われる。だから、自分の意見を交換し合えるくらいの仲になると、これもいつも「見た目と全然違う!そんな考えてたん」って言われるし、ある友達には「苦手なタイプの女子(多分、ノリで生きてる系女子のこと)かと思ってたら違うかった!」って言われた。

 

 実際の私は常に何か考えてる。年中肩凝りなのも、これが原因じゃないかなぁって思ってる。

 ”考えてる”って言っても、「何時に~して、次は~して」とかそういうプランじゃない。街中、学校、バスの中、テレビを観て、「これって~やな」とか「なんで~じゃないんやろう」って感じ。そのバリエーションは幅広い。ある時は「この人はあの服が似合いそうやな~」って勝手に目に入った人を脳内コーディネートしてたり、またある時は「この店は~したらもっと人気でるんちゃう!?」って脳内評論家になってる。我ながら、厚かましい。(笑)

 

 あと、「ちゃんと考えて、自分で答えをだして生きていきたい」っていう自分のポリシーみたいなのもあって、例えば、食べるものに関しても。ベジタリアンにならずに、これからも肉を食べるか”っていうテーマで一時期、悩み苦しんで病みかけた。(笑)

 さすがに自分でも「こんな病むほど考えるなら、このテーマは封印すれば良いかな」とも思ったけど、でもやっぱり「目の前に肉があるから食べる」みたいな生き方はしたくなくて、人の意見を聞いたり自分の意見を聞いてもらったりして、何とか自分なりの答えを見つけた。一件落着!

 

 そう思うと、私を好きになってくれた人たちは、どの部分の私を好きになってくれたんやろう。もし”何も考えてなさそうなところ”を気に入って、私のことを好きになってくれる人が現れたとしたらかなり複雑。というかそういう場合は、”架空の・想像上の”私を好きになっただけやから、そんな嬉しくないな。

 もし自分の好きな人の、予想外の一面(マイナスな)を知ってしまったら、私はもうその人を好きじゃなくなるのか!?!?

 

 恋愛ドラマにあんまり興味ないけど、世間が騒いでるから気になって、この間ついに”逃げ恥”を観た。何話目か忘れたけど、温泉旅行中に、みくりの元カレとばったり会って、その元カレがみくりの”マイナスな一面”をベラベラ喋って、気まずくなる回で、

「僕はあなたよりみくりさんの良いところもたくさん知っています。」

 

 っていうセリフがめっちゃ心に残った。この一文に、さっきの答えがすべて詰まってる気がする。「この人のこういうところが素敵」と思う気持ちが、大きければ大きいほどor そういう部分(一面)が多ければ多いほど ”好き” でいれて、もしマイナスなところを知ってしまっても、その”素敵な部分”とてつもなく素敵やったり、”素敵”だと思う部分がたくさんあれば、マイナスなところもひっくるめて愛せるのかもなぁ。

 

 

 .....やっぱ私、ドラマや映画を観ていつも考察してしまうあたり、真面目なんじゃないかと思う。

 

P.S.

 ”逃げ恥”めっちゃよかった。みんなが騒いでるキュンキュンはあまり感じられず、むしろ「言いたいこと早く言ったら良いのに!!」ってもどかしかったけど(笑)でも、ただの恋愛ドラマじゃなくて社会問題がめっちゃ詰まってたり、心に刺さるメッセージが多くて、「作者さんすご~どんな人なんやろ~」って思った。考えさせられて、しかも笑いも含んでる最高のドラマ!

 あ、でも一つ気になったこと!最終回の最後のシーンで、みくりとハグしただけで周りの人たちが「え、なにあれ!キャー!」「見ちゃダメ!(お母さんが子供に目隠ししてた)みたいな反応やったのにビックリ(笑)

 自分がいわゆる”海外かぶれ”になったのかもしれんけど、「そんな反応しんでも!」って率直に思った(笑)まぁ、ドラマやから大げさにしたのかもしれないけどね。