わたしの日々

in ドイツ

お惚気なエッセイ

 

f:id:aya11haribo18:20181023214015j:plain

 

私は、彼氏のことが大好きすぎる。性格も、顔も、声も、匂いも、全部。

そしてそれを「聞いて!!!」って声を大にして言いたくなる時があります。でも、例えば女子会でそんなことを聞かされても迷惑なのは承知なので、ブログにぶちまけたいと思います。

注意:これはただのお惚気です。

もしも胸焼けがしたら、そっとホームボタンを押して下さい。

ちなみに2年前にこんな記事も書いてました。

aya11haribo18.hatenablog.com

 

 

 

  • 可愛すぎて痒い

アジアスーパに一緒に行きました。そこに「もち」と書いた和菓子が売っていたので、

それを買って一緒に食べました。どうやら気に入ったようでパクパク食べていました。

そして、彼は覚えたての"オノマトペ"で「mocha mocha :)」とニッコリ。モチモチのつもりです。

かわいい............

ちなみに彼は、日本語を話せないし読めないし書けないですが、いくつか単語は耳で聞いて覚えています。他には「♪ bunbunbun」(ハチが飛ぶ~の童謡)とか「Ohayo!」とかです。何というか、話せないからこその可愛さなので、

一生日本語は勉強しないで良いよ.....私たちはドイツ語と英語でやっていこうね。

と心の中で思ったのでした。

 

  • その優しさで世界救える

私は学生用のシェアハウスに住んでいます。ここ最近シャワーの排水溝の流れが悪く、液体(専用のやつ)を使ったりして同居人と試しましたが、良くなりませんでした。彼がそのことに気づいていたようで「今日は排水溝を直そう!ボク良い方法知ってるよ!」と言ってくれました。

やり方を指示してくれるのかなぁと思ってバスルームに行くと「やっぱり手の方が早い!」と言って、自ら素手を排水溝に突っ込んで、掃除してくれていました。大量の髪の毛が奥にあるらしかったので「私、やるよ!」と言ったのですが、「見ない方が良いよ!」と言って、一人で全部処理してくれました。

彼女の住む家とはいえ、自分の家でもないのにそんなことまで率先してやってくれるの......好き......

と思って、私はキッチンに行って彼の大好物の焼きそばを、いつもより丁寧に作りました。

 

  • 映画でみたことあるある

食べ終えたお皿を洗っていると「ボクが洗う!作ってもらったから!」といつも言ってくれます。でもこの日は「でも排水溝の掃除をしてくれたから私がやる!」と返して洗い物を続けていました。するとしばらくして、ひょっこりキッチンを覗きに来て、後ろからハグ&頬っぺたにチュッとして、また部屋に帰って行きました。

台本なしでこれか....先天性の才能か....

と、嬉しさと感心が混ざりました。