読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thinging Time ~さあ、脳内をさらけ出そう~

私ってなに考えてるの?(笑)

きのうの嬉しかったこと。

私の彼は先月の終わりから2週間、パリにいます。旅行じゃなくて何かのプログラムみたい。私も詳しくは知らない。彼はドイツの大学に、大学から奨学金をもらって来てるから、只者じゃないのは確か。将来は世界を動かす一員になるんだろうなぁと予測、いや、確信してます。笑

そんな彼と昨日の夜、LINEでやり取りしてました。普段はそんなにしないけど、しばらく離れるときはね。いつも、LINEしたら、やり取りの最後にIch freue mich auf dich.(君と会えるの心待ちにしてるよ。 ) 」「Ich mag dich. (好きだよ。)」とかを言ってくれて、ほっこり、嬉しいなぁってなります。

 

前に誰かに「彼からなんて言われるの~?」って聞かれて「Ich mag dich やで!」って言ったら「"mag"なの?"liebe"じゃないんだ...!?」って言われました。( *Ich liebe dich = I love you )

「"liebe"はもっともっと長い時間が経ってからなんじゃないかな?まだ"liebe"には到達してないんやろうな~笑」って答えていました。内心は....(あれ...普通"liebe"使うんかな。確かに”mag"やったら友達にも使えるよな。え...遊んでやろうとか思うような悪い人じゃないと思うんやけどな...でも文化違うし、普通が分からん~!)って思いつつ。笑

 

それが!なんと!

きのうやり取りの最後に、不意に Ich liebe dich ! って来たのです....。泣ける...。ついに”mag"→”liebe"に変わりました!念のために日本語にしておくと、”好き”→”愛してる”ですよ!!!笑 たった5文字違うだけでこんなにも喜べるものか。”好き”でももちろん嬉しいけど、”愛してる”って言葉は言う方も、結構重み感じてるはずや....!

私は「この世に生を受けてよかったぁ。ありがとう。」と、色んなものに感謝できそうです。たった一文でこんな気持ちになれるから、恋人にはジャンジャン愛を表現することを推奨します。私が単純すぎるんかもしれないけどね。笑

 

今までの経験では、”モノ”経由で、愛情表現したりしてもらったりが多かったなぁって、最近気付きました。もしかすると、”すべては語らず察する文化”の、日本人の国民性なのかな。「気持ちはこの通りだ!この”モノ”が私(僕)の気持ちだ!」って。その証拠に、(他の国の人に比べると)普段はそんなに愛情表現しないけど、毎月記念日に、ご馳走したりプレゼントしたりしてお祝いする人が多いと思います。私もしてました。

だいぶ昔は、彼氏と毎月記念日にお揃いのものをプレゼントし合ってて、いつからか、「早く記念日こうへんかなぁ」って、それを集めることばっかりに気がいってました。んん...記念日を重ねるために付き合ってるんじゃないんだから...笑 まぁそれも良い思い出ではありますが。笑

 

今の彼とは、記念日をお祝いしたりしません。というか、記念日がいつか正直分かりません。忘れたわけじゃないですよ!笑 

恋人関係になるまでのプロセスがこうでした。

会う機会が増えて好きって言われて(”良い友達として”って言ってた)2人で出かけるようになって手つないできてアプローチされて、、っていう感じで。お互い好意があるから2人で出かけたり手も繋ぐし、気付けば一緒に居ることが増えて、そしていつの間にか恋人のような関係になるって感じでした。

日本では常識と言って良いほどのセリフ「付き合ってください」が無いので、どういう関係を望んでるんだろう...って結構不安になりました。

「付き合ってください」の代わりに、

「君のこと笑顔にしたいし、幸せにしたいって思うよ。この気持ちが何なのか、まだ自分でも良く分からないけど、滅多にならないのは確かだよ。」

ってことは言われたんですが。その頃は、疑いの気持ちもまだ持ってたので「嬉しいけど、つまりどういう関係になりたいの?」って何回も聞いてました。

しばらく経ってから、「日本では”付き合ってください”って言うんだよ~」ってことを話したら、「なんか契約みたいじゃない?僕は、自分の気持ちのままに表したい」って言ってました。なるほど....確かに契約っぽいかも...!今まで考えたこともなかった!

 

ていうか "Ich liebe dich" って言ってくれたのは、もしかしたら、しばらく会えない距離のおかげかもな~!たまには距離空けてみるのも大事や!さみしいけど。あと1週間耐えるー。

それにしても、しばらく会わないと、なんか夢でも見てたんかなぁって不思議な気分になる....笑